雑誌や新聞を郵便で格安に送る方法。やり方は?料金は?

郵送

オークションに限らず、雑誌や新聞を送ってもらう場合、送料はなるべく安くしたいものですね。
雑誌や新聞の郵送はある特定の条件を満たすと格安になります。

 

特に裏技というわけではなく、日本郵便株式会社の制度を使用してのことです。
ただ、一般にあまり知られていないだけです。

 

やり方はとはいってもむずかしいことはありません。
これは個人で送る場合も適用できます。

 

この方法を使って雑誌や新聞の郵送で費用を安く抑えてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

 

雑誌や新聞を郵便で格安に送る方法

どんな雑誌や新聞でもこの方法が使えるわけではありません。
ある一定の条件を満たしている必要があります。
とはいってもむずかし事はありません。その条件の確認方法はいたってかんたんです。

 

適用できるための条件

(1)大きさ、重量の制限におさまっていること
(2)送りたい雑誌や新聞に「第三種郵便物」の記載があるもの

 

大きさ、重量の制限

・大きさの最大

A=60cm
A+B+C=90cm

 

・大きさの最小

円筒かこれに似たもの

 

 

上記以外

 

 

・重量 1kgまで

 

 

「第三種郵便物」の記載

以下に「第三種郵便物」の記載の例を写真で示します。

・新聞の例:

新聞の第3種郵便物認可表示例

 

 

・雑誌の例:

雑誌の第3種郵便物認可表示例

 

雑誌の第3種郵便物認可表示例

スポンサーリンク

 

雑誌や新聞を郵便で格安に送るやり方

(1) 定期刊行物に「第三種郵便物承認」の文字を記載するなど第三種郵便物の表
示条件を満たすものであること。

 

(2) 開封したものであること。

 

開封の例:

第3種郵便物認可表示が見えるようにする方法

 

 

開封に関する公式の見解

開封とは、封筒の納入口又はこれに相当する部分の全部又は大部分を開いてあるもので、郵便物の種別の認定が容易にできる状態となっているものです。
「大部分を開いてあるもの」とは、少なくとも納入口等の半分以上を開いたものである必要がありますが、半分以上を開いてあってもその部分から郵便物の種別の認定が容易にできないものについては、開封としたものとはいえません。

 

 

雑誌や新聞を郵便で格安に送る料金

料金は以下の表のとおりです。
この料金は、切手を貼り付けるか郵便窓口にて料金納付により行ってください。

 

切手を貼り付けた場合はポスト投函で差し出すことができます。

 

※2019年10月1日の増税後の料金です

梱包した荷物の重さ 送料
50gまで 63円
100gまで 71円
150gまで 77円
200gまで 87円
250gまで 95円
300gまで 103円
350gまで 111円
400gまで 119円
450gまで 127円
500gまで 135円
550gまで 143円
600gまで 151円
650gまで 159円
700gまで 167円
750gまで 175円
800gまで 183円
850gまで 191円
900gまで 199円
950gまで 207円
1000gまで 215円

 

 

最後に

第三種郵便物は、「国民文化の普及向上に貢献すると認められる定期刊行物の郵送料を安くして、購読者の負担軽減を図ることにより、その入手を容易にし、もって、社会・文化の発展に資する」という趣旨で設けられています。

 

第三種郵便物の料金は、第一種郵便物の料金に比べて格安な料金となっていますが、その費用は他の郵便を利用している方の負担により成り立っているものです。この制度の趣旨をご理解の上、ご利用ください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました